章栄不動産は従来から暴力団関係者との関係を持たないことにしていますが、広島県暴力団排除条例(23年4月1日施行)も遵守しています。 第一条はこう記しています。

 <この条例は、暴力団が県民の生活及び事業者の事業活動に脅威を与えている広島県の現状にかんがみ、広島県からの暴力団の排除に関し、基本理念を定めるとともに、県及び県民等の役割を明らかにし、暴力団の排除に関する基本的施策、暴力団に対する利益の供与の禁止、暴力団の排除のために講ずべき措置等を定めることにより、暴力団の排除を推進し、もって県民の安全で平穏な生活を確保し、及び広島県における社会経済活動の健全な発展に寄与することを目的とする>

 まさしく、<事業者の事業活動に脅威を与えている>のが広島県の現状です。犯罪組織関係者にマンションを販売しなかったのとで逆恨みされ、銃弾を本社に撃ち込まれた経験がある章栄不動産にとってこの文言は切実です。

  文字通り「暴力団を排除する条例」が広島県にはあるのですから、この条例を遵守して、大勢の善良な県民の居住環境を守ることが大事な使命だと考えています。